戸籍の基本

戸籍とは

相模原・町田を中心に活動する遺言・相続安心相談センターのホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

戸籍とは、国民1人ひとりの親族的な身分関係を登録しておき、それを証明するものです。

戸籍に登録され公証される身分関係は、
@出生・死亡に関する事項
A親子関係
B夫婦関係(結婚・離婚)
C養親子関係
D親権者・後見人など
E日本国籍の有していること
F親子・夫婦・兄弟姉妹という関係の証明
G相続・扶養・親権等の権利義務関係の有無の証明
H成年・未成年が明らかになるこでの法律行為能力の有無の証明

以上のことが戸籍から読み取ることが出来ます。

 

戸籍の編製単位

現行戸籍法(昭和23年〜現在)での戸籍は原則として一組の夫婦及びその夫婦の氏を同じくするその子ごとに行われます。
つまり、子どもは結婚すると親の戸籍から除かれ、新たに子供夫婦の戸籍を作ります。

 

旧戸籍法(明治31年〜昭和22年)では、旧民法の家制度を基礎とし、家が戸籍編成の基礎となっています。その為一つの家ごとに戸籍を編製していました。戸主夫婦を中心に、その子、戸主の父母、戸主の兄弟姉妹及びその配偶者・その子などです。

 

戸籍の種類

@現在戸籍とは、現在在籍している者がいて使用されている戸籍のことです。この戸籍は、現在本籍として届け出た市町村役場に保管されています。

 

A除籍とは、主には婚姻・養子縁組・死亡などにより最終的に在籍者がいなくなった戸籍のことです。もう一つの意味は、婚姻・養子縁組・死亡により戸籍から除かれることを言います。また、他の市町村へ転籍した場合も、転籍先の市町村に新たに現戸籍が編製されます。転籍元の戸籍は除籍となり、除籍簿に保管されることになります。ここで注意しなければならないのが、他の市町村へ転籍し新たに戸籍が編製される場合、その時点で戸籍に在住している者のみを移記し、その前に婚姻・縁組・死亡などで除籍された者は記載されません。

 

B改製原戸籍とは、戸籍の様式が法令などによって改められることがあり、その改正前の様式の戸籍のことです。この原戸籍(=改製原戸籍)は、新様式への作り替えの際、全ての記載事項が移されるのではないという点に注意です。

 

C戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)とは、役所に保管されている戸籍の原本全部を写した書面のことを言います。つまり、相続手続で相続人を確定させるには、兄弟姉妹関係なども調査する必要があるので、下記記載の戸籍抄本ではなく、戸籍謄本が必要になります。

 

D戸籍抄本(戸籍の個人事項証明書)とは、役所に保管されている戸籍の原本の請求された個人のみの記載事項を抜粋して写した書面のことを言います。

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

TEL:042-719-7745

関連ページ

相続人はだれなのか?
法定相続人はだれななのかを中山義基行政書士事務所が解説します。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
被相続人に債務がある場合
被相続人に債務がある場合の法律上の取扱いについて中山義基行政書士事務所が開設致します。相続・遺言専門行政書士TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続における胎児の取り扱い
相続における胎児の取り扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
非嫡出子の相続
非嫡出子の相続について、相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
香典・弔慰金の取扱い
香典・弔慰金の取扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
もめない遺産分割のヒント
もめない遺産分割のヒントについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法(遺産分割証明書)について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続争いを避けなければならない3つの理由
相続争いを避けなければならない3つの理由について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
とにかく相続でもめる4つの要因
とにかく相続でもめる4つの要因について、相模原・町田で活躍する相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
相続における借金(債務)の調査方法
相続における借金(債務)の調査方法について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。