香典・弔慰金の取扱い

香典・弔慰金とは

相模原・町田を中心に活動する遺言・相続安心相談センターのホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

香典(こうでん)・弔慰金(ちょういきん)とは、故人にゆかりのある者が葬儀の時に持ち寄る金品のことです。これは死者を供養し、遺族の悲しみを慰めるという側面がありますが、主な目的は遺族が支出しなければならない葬儀費用などの支出の負担を軽くするための相互扶助的な性格を持ちます。そして、香典・弔慰金は相続財産には含まれません。

 

葬儀費用は法律的に誰が負担するのか?

誰が葬儀費用を支出するべきかについては法律上の規定はありません。実際には喪主となる人は配偶者や長男が多いわけですが、すべての葬儀費用の負担をすることは公平とは言えません。

そこで、
@葬儀費用は一次的には香典・弔慰金から充当します。
Aそれでも足りない場合には、相続財産から支出します。
Bそれでも足りない場合には、各相続人が相続分(ここでは法定相続分となるケースが多い)に応じて負担します。

 

また、身分不相応に豪華な葬儀が行われた場合、不相応な超過部分については喪主の負担となります。
逆に、香典や弔慰金が葬儀費用よりも多く余った場合、一般的には喪主への贈与となり、喪主がどのようにするか決めることになります。

 

相続財産から控除できる葬儀費用

@遺体の捜索・遺体や遺骨の運搬費用・回送費用
A葬儀・葬送・火葬・納骨などの費用
B葬儀などの前後に生じた通常欠かせない費用(お通夜・お布施等。)
  ※初七日・四十九日などの法要は控除できません。

ちなみに、香典返しや法事・墓地墓石購入の費用は、相続の経費として相続財産から差し引くことはできません。

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

TEL:042-719-7745

関連ページ

相続人はだれなのか?
法定相続人はだれななのかを中山義基行政書士事務所が解説します。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
被相続人に債務がある場合
被相続人に債務がある場合の法律上の取扱いについて中山義基行政書士事務所が開設致します。相続・遺言専門行政書士TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続における胎児の取り扱い
相続における胎児の取り扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
非嫡出子の相続
非嫡出子の相続について、相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
戸籍の基本
戸籍の基本について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
もめない遺産分割のヒント
もめない遺産分割のヒントについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法(遺産分割証明書)について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続争いを避けなければならない3つの理由
相続争いを避けなければならない3つの理由について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
とにかく相続でもめる4つの要因
とにかく相続でもめる4つの要因について、相模原・町田で活躍する相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
相続における借金(債務)の調査方法
相続における借金(債務)の調査方法について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。