とにかく相続でもめる4つの要因

とにかく相続でもめる4つの要因

相模原・町田を中心に活動する遺言・相続安心相談センターのホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

相続での争いは、財産分与の不平等・不公平が原因と言えます。ある特定の相続人だけが多くの財産を相続するケースです。ところが、平等に法定相続分で遺産を分割した場合に不公平な状況がうまれトラブルに発展してしまうこともあります。今回は、とにかく相続でもめる4つの法律上の要因についてお話し致します。

 

特別受益

特別受益とは、被相続人(故人)から、ある相続人が遺贈や生前贈与を受けているなど特別の利益を得ている場合に、その相続人の相続分を減らすこと(持ち戻しすること)で、他の相続人との公平を図ることになります。

 

計算方法は、

(相続開始時の遺産総額+贈与分)×相続持ち分-贈与分

となります。
例えば、長男に多額の事業資金の援助をしていた。長男が自宅を新築する際に資金や土地を無償で提供した。長男だけが大学の医学部に進学し学費の援助を受けたなどです。つまり、『お兄ちゃんだけ、いろいろと親かしてもらってずるい。』という状況を是正することが民法で定められています。

 

不当利得

不当利得とは、法律上の原因がないのに利益を受け、それにより他人に損失を与えることを言います。

例えば、母の財産を管理していた長男が、母の財産を使い込んでいたというケースです。ここで同じ利益を得るとしても特別受益と不当利得では異なります。贈与として利益を得ていた場合は、特別受益と見なされます。一方、無断で利益を得ていた場合は不当利得となります。
この場合、法律的にどのような対応ができるのかと言うと、『不当利得返還請求権』又は『不法行為による損害賠償』を根拠として、法的に損失を取り戻すことが出来ます。逆に、自身が親の財産を管理する立場にある場合、どのような事に気を付けなければならないでしょうか?それは、親の預貯金から支出するにせよ、ご自身が立て替えるにせよ、『いつ・いくら・なんの為に・どこから』支出したのか証拠と履歴をしっかりと残しておくという事です。そうしておけば、他の相続人から有らぬ疑いをかけられた時に客観的な資料で説明することができるので、感情的なトラブルには発展しづらいと言えます。

 

寄与分

寄与分とは、被相続人(故人)の財産の維持・形成に特別の貢献をした相続人がいる場合、その相続人の法定相続分に寄与相当額を加えた財産の取得を認めることを言います。

計算方法は、

(相続開始時の遺産総額-寄与分)×相続持ち分+寄与分

となります。
例えば、ただ同然の給与で家業を長年手伝い、被相続人の財産が増えた場合や付添看護をして被相続人の介護支出が免れた場合です。
特に寄与分は『私だけこんなに頑張ったのに・・・』という感情的になりやすい側面がある為、思うように寄与分が認められえないと相続争いに発展する可能性があります。

 

遺留分

遺留分とは各相続人に最低限残受け取る権利のある相続分の事を言います。

対象者

遺留分の割合

直系尊属

法定相続分の1/3

配偶者・直系卑属

法定相続分の1/2

兄弟姉妹

遺留分なし

 

なぜ相続争いに発展するのか?

まず不当利得は当然トラブルになります。遺言書が遺留分を侵害するような内容であれば遺留分減殺請求が来る可能性が残ります。
一番相続争いに発展しやすいのは、『特別受益』と『寄与分』です。『長男だけ父からいろいろしてもらってずるい。』とか『母の介護は私だけがした』など、この二つは感情的になりやすい側面があります。そして、法律で特別受益と寄与分というのが認められておりますが、すべての相続にの同意が必要なのです。つまり、相手方の特別受益や自分の寄与分をどんなに主張したとても、相続人全員が同意しない限り認められません。特に寄与分は家庭裁判所に調停を申し立てても客観的な資料が無い限りなかなか認めてもらえません。特に親の介護をした相続人とそうでない相続人との間で対立関係ができやすいのが寄与分です。民法では、親の面倒をみてもみなくても相続分は同じです。これが相続争いの原因の一つです。

 

どのようにして相続争いを未然に防ぐのか?

生前に遺言書を作成することでトラブルを回避する事ができます。遺言書があれば、そもそも遺産分割協議をする必要がありません。
そして自分の介護をしてくれた長女には多くの財産を、生前に沢山の援助をした長男の相続分は少なくするといったように、遺言書の内容は、特別受益や寄与分を考慮した内容にしておきます。但し、遺留分の侵害をしないよう注意する必要があります。

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

TEL:042-719-7745

関連ページ

相続人はだれなのか?
法定相続人はだれななのかを中山義基行政書士事務所が解説します。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
被相続人に債務がある場合
被相続人に債務がある場合の法律上の取扱いについて中山義基行政書士事務所が開設致します。相続・遺言専門行政書士TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続における胎児の取り扱い
相続における胎児の取り扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
非嫡出子の相続
非嫡出子の相続について、相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
戸籍の基本
戸籍の基本について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
香典・弔慰金の取扱い
香典・弔慰金の取扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
もめない遺産分割のヒント
もめない遺産分割のヒントについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法(遺産分割証明書)について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続争いを避けなければならない3つの理由
相続争いを避けなければならない3つの理由について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
相続における借金(債務)の調査方法
相続における借金(債務)の調査方法について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。