相続人はだれなのか?

相続人はだれなのか?

相模原・町田を中心に活動する遺言・相続安心相談センターのホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

相続が起こるとまず問題になるのが誰が相続人か?ということです。誰が相続人になるのかは民法という法律で規定されています。そこには、どの順位で・誰が相続人になるのかが記載されています。遺産分割協議をする前に、まず相続人を確定させる必要があります。

 

配偶者は常に相続人となる

配偶者は常に相続人となります。但し、内縁の夫・内縁の妻は配偶者とはみなされませんので注意が必要です。法律上婚姻届けを提出した正式な配偶者に限られます。また相続が発生した時点で配偶者である必要がありますので、過去に離婚した元の夫や妻は含まれません。

 

第1順位の相続人

常に相続人になる配偶者とは別に、相続人には第1順位から第3順位までが民法で定められています。
第1順位の相続人は、被相続人の直系卑属です。直系卑属とは、第一次的には子になります。但し、子がすでに亡くなって、孫がいる場合や子の相続欠格、廃除で相続出来なくなった場合には、孫が子に代わって相続人となります。これを『代襲相続』と呼びます。
相続分は配偶者が2分の1、子が2分の1です。子が複数いる場合には、子の相続分(2分の1)を頭割します。現在、嫡出子・被嫡出子で相続分に差はありません。

 

第2順位の相続人

第2順位の相続人は、被相続人の直系尊属です。
相続分は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を相続します。この場合の直系尊属は、父母、祖父母、曾祖父母の順で相続人となります。

 

第3順位の相続人

第3順位の相続人は兄弟姉妹です。
第1順位の相続人も第2順位の相続人もいない場合に初めて第3順位の相続人として被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。
相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。

 

※子や孫、直系尊属、兄弟姉妹もいない場合には、配偶者が全ての遺産を相続することになります。

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

 

 

遺言,相続,行政書士,相模原,町田

 

TEL:042-719-7745

 

 

関連ページ

被相続人に債務がある場合
被相続人に債務がある場合の法律上の取扱いについて中山義基行政書士事務所が開設致します。相続・遺言専門行政書士TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続における胎児の取り扱い
相続における胎児の取り扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
非嫡出子の相続
非嫡出子の相続について、相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?
養子に出た者は実親の財産を相続できるか?について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
戸籍の基本
戸籍の基本について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
香典・弔慰金の取扱い
香典・弔慰金の取扱いについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?
内縁の妻(又は夫)は遺産を相続できるか?について相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
もめない遺産分割のヒント
もめない遺産分割のヒントについて相続・遺言専門中山義基行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法
複数の相続人がいる場合の遺産分割協議の対処法(遺産分割証明書)について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由
相続不動産の購入時の領収書が大切な理由について相続・遺言専門行政書士中山義基が解説しています。TEL042-719-7745 お気軽にお問合せ下さい。
相続争いを避けなければならない3つの理由
相続争いを避けなければならない3つの理由について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
とにかく相続でもめる4つの要因
とにかく相続でもめる4つの要因について、相模原・町田で活躍する相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。
相続における借金(債務)の調査方法
相続における借金(債務)の調査方法について相続・遺言専門行政書士が解説しています。TEL042-719-7745 初回のご相談は無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。